(6)達弥西心のわかりやすい話「不動産」

達弥西心のわかりやすい話「不動産」

●達弥西心前夜6 −私がそれまで考えていたこと 1992−(9/35) - HMU 達弥西心

現実大肯定と自立自助。私の大好きな言葉です。すべてを自分のこととして歩いていけたらと思うのです。この世に無駄なものは何一つとして無いのですから。

人生を語ればともすれば何故生まれてきたかのテーマに終始してしまいがちです。何故生まれてきたかを考えるより、私は、今与えられて、今生きているこの人生を、いかに生きるべきかに専心したいと思うのです。問題は、過去にも未来にもなくて、現在、只今にあるのですから、今の瞬間をどう生きるべきかだけが、私たちの課題なのでしょう。

●達弥西心前夜6 −私がそれまで考えていたこと 1992−(8/35) - HMU 達弥西心

確かに、この世に無駄なものは何一つとしてないと思います。無駄な人生もないと思います。無駄な出会いもないと思うのです。そして、無駄な苦労や試練もないと思います。

よく考えると、無駄なものは何一つとしてないということは、必要なものばかりだということです。必要であるということは、すべてをしっかりと受け止めて、大肯定して受け入れていくべきだということでしょう。

●達弥西心前夜6 −私がそれまで考えていたこと 1992−(7/35) - HMU 達弥西心

出会いには決して偶然はないと思います。すべては必然の出来事であり、必然の結果だと、たくさんの出会いを体験してみて、今やっとそう思えるのです。私自身にその出会いを受け止めて、実を結ばせるだけの器量がなかっただけのことです。

●達弥西心前夜6 −私がそれまで考えていたこと 1992−(6/35) - HMU 達弥西心

自分というものがいったいどんな人間かよく分からなかった頃、自分の目の高さで、自分の目の届く範囲だけで、ものを見ていたような気がします。出会っても出会っても実を結ばなかった出会いがたくさんありました。今思えば、会った人たちではなくて、私の方に問題があったのだと思います。

●達弥西心前夜6 −私がそれまで考えていたこと 1992−(5/35) - HMU 達弥西心

しかし、実際にできていないあたりまえのことが、あまりにもたくさんあります。一つひとつ根気よく習慣にしていく気構えが必要です。考えてみれば、あたりまえのことをきちんとやれれば、もうそれ以上のことは必要ないかもしれません。

あたりまえのことだけは、きちんとやれる自分。あたりまえのことさえ、きちんとできない自分。自分はこれくらいのものだという気づきこそが、また新たな成長への出発点ではないかと思います。

●達弥西心前夜6 −私がそれまで考えていたこと 1992−(4/35) - HMU 達弥西心

・お客さまに喜ばれるような仕事をする
・会社をつぶれないように運営する
・やり甲斐のある職場をつくる
・夜早く寝て、朝早く起きる
・挨拶礼儀作法を徹底して実践する
・仕事は辺りを清めて(掃除清掃して)から取りかかる
・終わったらすぐに後片付けをする
・身体に良いことはすぐ始める
・身体に悪いことはすぐやめる

あたりまえのことは、いくつでも思いつきます。

●達弥西心前夜6 −私がそれまで考えていたこと 1992−(3/35) - HMU 達弥西心

ずいぶん試行錯誤しましたが、自己啓発プログラムに出合って自分というものを知ることを始めた時から、なんとなく自分という人間はこちらの方向を選択する傾向性があるとか、ないとか、自然に分かるようになってきました。自分というものが見えてきたのです。そこが分かり始めると、だんだんと人生経営の方向性も、事業経営の方向性も見えてきます。

あたりまえのことをあたりまえに、という初歩的な、基本的な姿勢は、自分を知るうえでもっとも大切ではないかと思います。

●達弥西心前夜6 −私がそれまで考えていたこと 1992−(2/35) - HMU 達弥西心

私はその時思ったのです。経営のやり方はいろいろあるだろうが、私が人間として正しいと思う、あたりまえだと思う、そのことを懸命にやっていこう。正直なところ、それしか方法が思い浮かびませんでした。

自分にとってあたりまえのことを、あたりまえにやっていくということは、易しいようでやってみるとけっこう難しいものです。

●達弥西心前夜6 −私がそれまで考えていたこと 1992−(1/35) - HMU 達弥西心

11年前、私が事業を起こすにあたって、ある方から経営者としての心構えをご指導いただきました。「正しいことを正しく、あたりまえのことをあたりまえに。正しきは必ず成ります。社会的使命を持った事業は必ず成功します。ただ、不動産業はたくさん徳を使う仕事なので日々の徳積みを怠らないように。」

そっくりそのまま創業の精神にしました。現在も毎朝朝礼で唱和する社訓の中にも織り込んでいます。(※当時)

●木を植えよう - HMU 達弥西心

むかしにぎわった商店街がさびれて、空き家になって家が老朽化したら壊して、空き地に木を植えよう。その木が大きくなったら、木陰でランニングシャツにステテコ姿で将棋をさそう。女たちはみんなノースリーブのワンピース。子どもたちはメンコだ、ママゴトだ。うちわに、かとりせんこう、せみの声。街がさびれていくたびに昔にかえっていく。森になっていく。笑い声がよみがえる。

人がこの世を去ったら、石のお墓の代わりに木を植えよう。その木が大きくなって枯れていくまで、その木を見上げる人たちを励ましつづける。人がこの世を去ったら木を植えよう。人生の記念樹だ。

誰かがこの世を去っていくたびに、地球は森にかえっていく。もといた場所が私たちの行き着く場所。
記事検索

自動相互リンク buzzlink
達弥西心のわかりやすい話

PC向けサイト
達弥西心のわかりやすい話「決断」
達弥西心のわかりやすい話「後継」
達弥西心のわかりやすい話「自分と会話する法」
達弥西心のわかりやすい話「経営」
達弥西心のわかりやすい話「時流」
達弥西心のわかりやすい話「不動産」
達弥西心のわかりやすい話「見極め」
達弥西心のわかりやすい話「組織」
達弥西心のわかりやすい話「育児」
達弥西心のわかりやすい話「別れ」
達弥西心のわかりやすい話「恋愛」
達弥西心のわかりやすい話「結婚」
達弥西心のわかりやすい話「あこがれ」
達弥西心のわかりやすい話「食」
達弥西心のわかりやすい話「足りないもの」
達弥西心のわかりやすい話「セールス」
達弥西心のわかりやすい話「おすすめ図書」
達弥西心のわかりやすい話「テレビで観た人」
達弥西心のわかりやすい話「美味しい話」
達弥西心のわかりやすい話「うた・唄」
達弥西心のわかりやすい話「開業」
達弥西心の宇宙気学
達弥西心のHMU
達弥西心のMAO
達弥西心の“Put~置いとくよ。”

携帯電話向けサイト
達弥西心のわかりやすい話「決断」
達弥西心のわかりやすい話「後継」
達弥西心のわかりやすい話「自分と会話する法」
達弥西心のわかりやすい話「経営」
達弥西心のわかりやすい話「時流」
達弥西心のわかりやすい話「不動産」
達弥西心のわかりやすい話「見極め」
達弥西心のわかりやすい話「組織」
達弥西心のわかりやすい話「育児」
達弥西心のわかりやすい話「別れ」
達弥西心のわかりやすい話「恋愛」
達弥西心のわかりやすい話「結婚」
達弥西心のわかりやすい話「あこがれ」
達弥西心のわかりやすい話「食」
達弥西心のわかりやすい話「足りないもの」
達弥西心のわかりやすい話「セールス」
達弥西心のわかりやすい話「おすすめ図書」
達弥西心のわかりやすい話「テレビで観た人」
達弥西心のわかりやすい話「美味しい話」
達弥西心のわかりやすい話「うた・唄」
達弥西心のわかりやすい話「開業」
達弥西心の宇宙気学
達弥西心のHMU
達弥西心のMAO
達弥西心の“Put~置いとくよ。”

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ