(6)達弥西心のわかりやすい話「不動産」

達弥西心のわかりやすい話「不動産」

2009年11月

●幸せの住まいづくり のその先(7/9) - HMU 達弥西心

「そんなことできるわけない、これでも赤字でやっているのに」とチラッと思いましたが、ちょうどその頃入居者を埋めなければいけない新築のワンルーム賃貸マンションビルがあって、その1、2階が店舗で、2階と1階の前は決まっていたのですが、1階の奥の部屋だけがどうしても決まらずに残っていたのです。1階の後ろなので暗くて日が入らない北向きで、もう飲み屋さんしかないなあというような部屋でしたが、オーナーさんが「飲み屋だけはダメ」「事務所でお願いします」というのです。

●幸せの住まいづくり のその先(6/9) - HMU 達弥西心

ということで地元の人たちが前の方に並んで座るようになって、その人たちがいろんな人を連れて来てくれるようになり、そのうち前の方はいつも常連さんたちがいて、どんどん盛り上がってきたのです。

私が講演前に主催者として5分くらい話をするのですが、講演会が終わった後、あるときこの前の席の人たちが「講演会ありがとうございます」「みんな仲良くなりました」と話し出しました。勝手に仲良くなってもらうのは構わないのですが、「それでお願があるんですけど、おたく不動産屋さんなんだからどこかこの仲間たちが集まれる場所を提供してくれませんか」と、さらりと大胆なことを要望されました。バブル経済ということもあって、そんな夢みたいなことがあっさり実現しそうな時代背景は確かにありました。

●幸せの住まいづくり のその先(5/9) - HMU 達弥西心

ちょうどその頃に地元の夕刊紙が、不動産業をやりながらこんなことをやっているということに興味を示して講演会の話題を取り上げてくれて、記事で次の講演家の先生はこういう人でといろいろ宣伝してくれたり、チケットプレゼントやりましょうとか、いろいろ仕掛けてくれたために地元で「講演会」が有名になったのです。

●幸せの住まいづくり のその先(4/9) - HMU 達弥西心

ところが、講演会場にはその人たちの姿はほとんどなくて、私の思惑は外れて、うちの不動産業とは全然関係のない人ばかりでした。念い(おもい)はゆるぎなくまっすぐでも、伝わらないこともたくさんあることを知りました。

●幸せの住まいづくり のその先(3/9) - HMU 達弥西心

あとはお金の問題だけですから、全然採算は取れなかったけれど、うちで不動産を買ってくれた人たちが幸せになれるようにということで、「明るい明日のために」という講演会を始めたのです。うちのお客さんたちには全部ハガキで案内を出したので、その人たちがみんな来てくれたらと思ったのです。

●幸せの住まいづくり のその先(2/9) - HMU 達弥西心

そこにたどり着いた時に、とても無理していた異業種交流会とかミニコミ紙発行とか講演会の開催というものが私の中で矛盾なく繋がってきたのです。それで、ますます講演会を充実させないといけないなと思ったので、内容がどうのこうのでなく私が聞いてすごく元気になる講演家の先生を呼んでこようと決めて、自分が全国各地に出かけて聴いた講演の講師先生のところに、講演が終わるや否やすぐに名刺を持っていって、「地方の町で不動産業をやっているんですが、講演会をやっていますので来てくれませんか」と頼んだのです。

●幸せの住まいづくり のその先(1/9) - HMU 達弥西心

それまでの私は、業者として家を建てることがお客さんの夢を実現すること、建物を提供することは夢を実現させるということで「幸せの住まいづくり」ということをしていました。しかし、新築の家に住むある小さな男の子の不幸せそうな顔を見て愕然としたことをきっかけに、方向が見えてきたような気がしました。

家を手に入れた人はもうあとは明るく生きるしかない、アフターケアとして建物のケアは当たり前で、その家に住む人の心が明るく前向いて生きていけるようにしてあげなくてはいけないのではないかと思い至ったのです。

●このままでよいのだろうか(7/7) - HMU 達弥西心

このあたりを眺めるといかにも順調みたいに見えるのですが、本流ではないところを一生懸命走っていますから、私は何か常に心が乾いているような感じ、これでいいのだろうかと常に思っていました。取引銀行さんあたりからすると、おもしろいねと言いながらも本業に専念してくださいよという感じがありました。いろいろと忠告を受けましたが、私としてはそういう道を歩くことしかできなかったのです。心がカラカラに乾いていました。

●このままでよいのだろうか(6/7) - HMU 達弥西心

ところが、不動産業と異業種交流会、ミニコミ紙、講演会はなかなか繋がらない、中では当然繋がらない、外から見ても繋がらないのです。繋がらないのにそんなことを本気でやるものだから、おもしろがる人は不動産屋さんが講演会始めたとか、異業種交流会をやっているといい、何か思惑があるのではないかと思いつつも、その思惑というものが全然読めないものだからおもしろがって話題として取り上げてくれた点は良かったのです。

●このままでよいのだろうか(5/7) - HMU 達弥西心

欲と欲のバランス取りの世界は嫌いではありませんでした。醒めた目で、中に入って眺めると実に興味深い世界ではありました。

欲と欲のバランス取りの世界からできるだけ遠いところに自分を置いておきたいのですが、それらを何かで結びつけておきたいというか、不動産業とは全然違うことをしていきたいけれど、二足のわらじは履けないけれど、二足のわらじを履くのだったら関連のあるわらじにしたいと思いましたから、何かの関連付けを一生懸命探していたのだと思います。
記事検索

自動相互リンク buzzlink
達弥西心のわかりやすい話

PC向けサイト
達弥西心のわかりやすい話「決断」
達弥西心のわかりやすい話「後継」
達弥西心のわかりやすい話「自分と会話する法」
達弥西心のわかりやすい話「経営」
達弥西心のわかりやすい話「時流」
達弥西心のわかりやすい話「不動産」
達弥西心のわかりやすい話「見極め」
達弥西心のわかりやすい話「組織」
達弥西心のわかりやすい話「育児」
達弥西心のわかりやすい話「別れ」
達弥西心のわかりやすい話「恋愛」
達弥西心のわかりやすい話「結婚」
達弥西心のわかりやすい話「あこがれ」
達弥西心のわかりやすい話「食」
達弥西心のわかりやすい話「足りないもの」
達弥西心のわかりやすい話「セールス」
達弥西心のわかりやすい話「おすすめ図書」
達弥西心のわかりやすい話「テレビで観た人」
達弥西心のわかりやすい話「美味しい話」
達弥西心のわかりやすい話「うた・唄」
達弥西心のわかりやすい話「開業」
達弥西心の宇宙気学
達弥西心のHMU
達弥西心のMAO
達弥西心の“Put~置いとくよ。”

携帯電話向けサイト
達弥西心のわかりやすい話「決断」
達弥西心のわかりやすい話「後継」
達弥西心のわかりやすい話「自分と会話する法」
達弥西心のわかりやすい話「経営」
達弥西心のわかりやすい話「時流」
達弥西心のわかりやすい話「不動産」
達弥西心のわかりやすい話「見極め」
達弥西心のわかりやすい話「組織」
達弥西心のわかりやすい話「育児」
達弥西心のわかりやすい話「別れ」
達弥西心のわかりやすい話「恋愛」
達弥西心のわかりやすい話「結婚」
達弥西心のわかりやすい話「あこがれ」
達弥西心のわかりやすい話「食」
達弥西心のわかりやすい話「足りないもの」
達弥西心のわかりやすい話「セールス」
達弥西心のわかりやすい話「おすすめ図書」
達弥西心のわかりやすい話「テレビで観た人」
達弥西心のわかりやすい話「美味しい話」
達弥西心のわかりやすい話「うた・唄」
達弥西心のわかりやすい話「開業」
達弥西心の宇宙気学
達弥西心のHMU
達弥西心のMAO
達弥西心の“Put~置いとくよ。”

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ