私は業者として、家を建てることはお客さんの夢を実現するということ、いわゆる建物を提供することは夢を実現させるということ、幸せの住まいづくりということをモットーとしてやっていたわけです。しかし、その建物を提供してしまったために、その家族は不幸になってしまったかもしれないなぁと思ったのです。

この家が暗く見えたのは、その中に住んでいる男の子が暗いからなんだと思いました。そして男の子が暗いのは、男の子の心の中が暗いからなんだと思ったのです。