ところが銀行さんは「お金貸しますから絶対に買った方がいいですよ、かばんを持って動き回る営業はおしまいですよ」なんてことを言っていたのです。「おたくだったら、いくらでも貸します」と。

「いや私のところは結構です」と断り続けていました。