その一週間か二週間後、「このバブルはおかしい」という特別番組をテレビでやっていて、それで一気にシューッとしぼんでいったのです。バブルがはじけたのです。

私はお金を借りなくてよかったなと思いました。何か、あの時に絶対に手を出してはいけないという感じが自分の中にありました。はじけるに違いないとずっと思っていましたが、その一方で不動産好況最盛期だというのに、自分がそういう中にのめり込めないわけで、自分は不動産業の経営には不適格だと、どこかで思っていました。