戸惑いながら私は、こんな場合はどう言えば良いのか尋ねました。

彼は言いました。「楽しみにしていますよ、でいいんです。その方が私も気楽でいいです。私自身も、自分の将来の行く末を楽しんでいるのですから、もっと気楽にやりましょうよ」。私は、うーんと唸ってしまいました。