遊ぶとは心を泳がすことです。心が泳いでいない遊びは本当の遊びではありません。私たち中国人は、友が遠くから訪ねてくると、自分の親しい人たちをみんな呼びます。そして、こうして椅子にゆったりと腰をかけて輪になって、友が手土産に持ってきた酒を酌み交わしながら話をします。

夜遅くまで、時にはニワトリが鳴き出す朝まで語り明かします。心ゆくまで心を泳がすのです。時といっしょになって、心を溶け合わせながら、ゆったりゆったりと交流するのです。最高のぜいたくでしょう。お金なんか何もいりませんよ。