私には、ふるさとは住みたい場所、いまは帰れなくても忘れられない場所、という強い思いがあった。