その歴史というのは、私が生まれた昭和25年くらいから始まって、勢いよく行っているわけです。