右肩上がりでずーっと行って、永遠に成長を続けるとみんなが思っていました。