着目すべきは、今、自分の一番の気になるところ。