真剣に生きるというか、真剣勝負で生きるというのはそういうことだと思います。