そこを何とかするということが、生き方を改めて行くということではないかと思います。