私はそれ以上、生き方という中に、この世の生き方だけではなく、目に見えない世界も一緒にあるそういう中で生きて行こう、そういう生き方を考えているのです。