速く走れない馬というのはダメな馬なのですが、速く走れないからといって本当にダメなのかというとそうではなくて、天から才能をもらって天才になればエリートにだってなれますよ、というのが私の造語である「エリート駄馬」という意味です。