そして、その「アンポンタン鹿の物語」というのは、駄馬とはダメな馬ということですが、それをもう一つ別の言葉で表したら何かなと思った時に、アンポンタンと。