私自身はずっと小さい頃からそうなのですが、到達点というのがないのです。こっちに向いてどんどん行くと、こういう町に到達するというのはあるんですけれども、その街に最終的に落ち着いてそこで一生を終えるという部分がないのです。