そこには到達するのですが、また翌日には旅に出るかもしれないし、しばらく住んでそれから行くかもしれないという、そういう部分があるのです。