向こうは金でこの家を買おうとしているから、こちらも逆に「この2千万なんて、何ということはないでしょう?」と、「あとで借家にできるような間取りだったらいいわけでしょう?」と言ってあげるのです。