向こうは自分の自慢、自分の強みをひけらかしてこちらを低く見たいわけですから、それに乗ってしまうとずっと苦手になってしまいます。