年を取ってきた一人身の自分が、自分の家屋敷を一人息子に託せない時、どうしようと思った結果、昔なじみの私に頼むことにしたということです。