もちろん、あの映画は娯楽でしかありません。昭和33年は、私が8歳の頃です。