その人にとっての真実は、いくつもあって良いのです。