ベニヤ板一枚の隣には、いつも夢が詰まっていました。