あなたにとって実感の伴う教訓とは、どんなことでしょう。