それで嘆いたり、MAOに不信感を持ってはいけないのです。