当時、宅建免許と自動車免許の二つを持っていたので、これを組み合わせて何ができるかを考えていたら、それしかなかった、消去法でいくとそれしか残らなかったということで、不動産業の小さな事務所を構えたのです。