たとえ専務まで印鑑を押していても、最後に社長がダメと言ったらそれまでのことです。