私は卑屈になっているわけではなく、本当にセールスマンにしかなれなかったのです。そのことが、良かったのかなと思いました。