そして不動産業をやりたいと思って始めたのでもなく、家と土地に興味があったわけではないのですが、それを始めてしまうと、「何のために」がないわけにはいかないのです。