ありもしないことを書いたり、かっこいいことを書かないということは、当然です。