経営者として会社の利益からするとこっちの方がいいかなと思うけれど、ちょっと待てよ、ちょっと手がかかるけれどこちらを取らないといけないかな、という部分です。