家や土地は基本的に、親から子へ引き継ぐもの、という発想が法案からも垣間見える。