「一生に一度と思い自分好みの個性的な家を作る。当然流通せず一代で取り壊し。この循環を止めるには、家について過度な個性追求は止めるべき、と小峰氏。」