私、達弥西心は時流、潮流の中に生きる私たち人間を思っていました。